グラデーションウィッグ☆厳選6サイト

home > グラデーションウィッグとは > 魅力を際立たせるウィッグのグラデーション及び種類と着用法

魅力を際立たせるウィッグのグラデーション及び種類と着用法

 ウィッグをセットする事がファッションの一種となりつつある現在において、季節ごとにグラデーションのカラーを変更したり、長さをがらりと変える事で季節感が見られるウィッグを楽しむことができます。
春のシーズンであればパステルカラーがお薦めです。
エメラルドグリーン並びにパステルピンクを利用するとふわっととしたインプレッションになります。
耐熱性ならば柔らかさ及び軽さを意識しヘアアイロンを使用し毛先に動きを付けます。
夏期間はビタミンカラーがお薦めです。
ターコイズグリーンもしくはオレンジなどをグラデーションすると夏の季節らしいコントラストに仕上がります。
秋の季節は落ち着きを持ったコントラストがオススメで、モスグリーンやワインレッドといったカラーです。
寒い季節はモノトーンのコーディネートが増加するのでミステリアスカラーのグレーを推奨します。
ウィッグのグラデーションについてはシーズンごとに色合いを入れ替えて季節感を出す事ができます。

 グラデーションが存在してもなくてもウィッグには目的に合うようにして種類が分けられます。
フルタイプのウィッグに関しては頭全てをすっぽりと覆い隠すタイプなので地毛のカラーや長さなどを意識せずに活用することができます。
ポイントタイプは今現在のヘアスタイルを変化させることなくポイントでカラーを変えたりボリュームを出したい方に最適です。
地毛を使用したナチュラルな仕上がりになり、取外しも楽です。
ハーフウィッグについては地毛の前髪を利用し、頭のてっぺん辺りから付けるタイプです。
ポイントタイプと比べて広範囲ですから、トータルでボリュームアップすることができ、地毛を有効活用しながらナチュラルなオシャレを堪能できます。
また、医療に向けたウィッグもあります。
副作用などで薄毛、あるいは抜け毛に悩みウィッグの必要に迫られた時に使われるものです。
やわらかい素材が活用され調整が可能なアジャスターのついている物もあります。

 ウィッグを付ける際、不自然となってしまうケースがありますが、ナチュラルに魅力あるように見せられるコツがあります。
地毛のケースではつむじの位置は頭頂部の中心にあります。
ウィッグをつけても、つむじの位置には気をつける必要があります。
ウィッグをセットする時はネットよりも水泳キャップがお薦めです。
メッシュ生地のキャップならば通気性がよく髪が多くても抑制する力があります。
ウィッグのトップにボリュームを出すのもキーポイントになります。
歯ブラシを使用し優しく逆毛を立て、逆毛を立てたところにかからない様ヘアバンドもしくはカチューシャを活用すると、一層ナチュラルに見せられます。
ウィッグの前髪を幾分スキバサミを活用することによってカットする事によって見栄えを調整し、切り過ぎないよう毛先をわずかばかり切ります。
部分ウィッグを利用する場合は地毛に非常に近いカラーを選択する事でなじませ易くなります。

次の記事へ